カプティーノの日記

カプティーノの日記

FIFA21のプレイ日記です。

レバークーゼンのユニフォームを公式オンラインショップで買ってみるよっ!の話 【#1 新企画はじめました】

どうも、カプティーノです。

 

さて、今回から新企画(?)

レバークーゼンのユニフォームを公式オンラインショップで買ってみるよっ!

 をスタートします!

 

Embed from Getty Images

 

今回は、企画の詳細をお伝えします。(少々長いです。すいません)

 ※実際の購入については次回のブログで紹介します。

 

 

 

動機

 

目次に、「動機」とわざわざ書くことではないですが、一応。

なぜ購入しようと思ったか。

 

動機その1 好きな選手のユニフォームが欲しい

 

まぁ当然ですよね。

応援してるチーム・選手がいたら、ユニフォームが欲しくなりますよね。

 

実は、私、今までクラブチームのユニフォームを購入したことがあまりなくて。

これまでも購入したいと思ったユニフォームがいくつかありましたが、

 

「好きな選手のユニほしいなー、でもデザインがなー」とか、

「このクラブのユニかっけなー、でも推し選手がいるわけじゃないしなー」とか

 

なにかしらの理由で購入を躊躇してました。高いですしね。

 

サッカーで言うと一度だけですかね。地元のクラブチームのユニフォームをフットサル用で買ったくらい。

でもその時も、地元かつデザインが気に入ったということだけで、特に好きな選手がいたわけじゃなかったので、背番号やマーキングがないものを購入したんですよね。

なかなか入手できなくて、実家の母に地元のスポーツ店を回ってもらったりしたのですが...(笑)

 

 

どうぜなら、好きな選手のマーキング入りユニフォームを買ってみたい。

ずっとやってみたかったことに今回トライしてみたいと思います。

 

 

 

動機その2 勉強がてら海外サイトでの買い物をやってみたい

 

今まで購入を躊躇してた理由の一つが、

海外サイトでの購入が面倒くさそうでという理由。

 

先ほども書きましたが、何度かありました。

「このユニフォームかっこいいなー。欲しいなー。」と思ったこと。

 

でも、そのユニフォームに限って、国内で売ってないことが多いんですよ。

だから、その度に、国内で買える場所を探しては、断念してきました。買えるお店があっても、割高だったり、入荷希少ですでに完売してたり。

 

じゃあ海外サイトで買えばいいじゃん、って話ですが、

英語が本当苦手なんです。プラス、かなりビビりなんです(笑)

 

勉強のためいろんなブログを読み漁ったこともありましたが、

結局、自分にできるかな、海外怖いなって理由で断念してきました。

 

でも、何事も勉強!!

(他の人からすれば言うほど難しいという話でもないかもですが…)

 

I CAN DO ITですね!!うーん、古いっ!!!

 

 

動機その3 ブログが書きやすい

 

このブログを訪れたことがある方は、ご存じと思います。

私、一度ブログに失敗してます(笑)

 

ブログを書くための素材がなくなってしまったことも大きいですが、長期的にブログを更新し続けることも大変だということがその失敗からわかりました。

 

でも今回の企画は、ポチっとして届いたら終わりです(笑)

 

勉強という意味合いも強いですし、メモがてら更新していくのが前回より比較的に容易かなということで、このブログにその経緯を残せていけたらなと思います。

 

 

で、何買うの?

 

今回、購入するのは

 

表題でお判りでしょうが。

レバークーゼンの20-21、ホームユニフォームを買います!!!

 

なぜか。好きな選手がいるからです。

 

その選手がこちら、

 

 

Embed from Getty Images

 

ケビン・フォラント!!!

 

理由。

顔がタイプ♡(笑)

 

 

選手について

 

フォラントを知ったのは、たぶん6年位前。

サッカーの若手有望株の選手を紹介しているブログがあって、私は、よくそのブログを訪れていたのですが、そこで紹介されていたのがこの選手でした。

 

 

この選手、多分ご存じない方も多いはず。

メッシやネイマールのような、見ている人を魅了する足技がある感じでもなければ、僕が一番好きなタイプのFWエディン・ジェコのように高さのある選手でもないです。

 

が、ポジショニングと動き出しのうまさ、当たり負けないドリブル、あと決定力には秀でるものがあると感じてて、ずっと追っていた選手の一人です。

 

 

Embed from Getty Images

 

 

 

プレー動画を見て単純にかっこいいなと思ったのと、当時、センターフォワードのポジションをベテラン選手に頼っていたドイツ代表で次にブレイクするならこの選手だなと勝手に夢見てました。残念なことに今でもなかなか代表に選出されていませんが(笑) 

 

 

レバークーゼンは、今やカイ・ハーベルツやレオン・ベイリー等々、若手がどんどん出てきます。今やそこに魅力を感じ、チームを応援しています。好きな選手も増えましたしね。

 

そんなにわかファンの私が、レバークーゼンを追うようになった一番の起源はこのフォラントがいたこと。

 

ってことで私の推しメン、ケビン・フォラントのマーキングユニフォームを買います!!!

 

いま、レバークーゼンの20-21ユニフォームを買うと...

 

肝心のユニフォームですが、

実は、まだレバークーゼンの20-21ユニフォームは公式発表されていません。

 

新ユニフォームの発表は、今週土曜日とのこと。(最終戦で着るようです)

 

がしかーし、

発表前(今週金曜まで)に、公式ショップから購入すると、20%オフで買えちゃいます!!!

 

 

正直、怖い!!!デザインの好き好みも結構強いほうなのでなおさら。

でも、ブログにするにはまぁこれもおもしろいかなと。安くなるし。

 

挑戦的に買ってみます!!!

 

 

最後に

 

...思ったより長くなってしました。きっと読みにくいだろうな。

最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

 

実際の購入については、次回ブログにしたいと思います。

 

何度も言いますが、にわかです。

にわかですけど、レバークーゼンファン・ブンデスリーガファンがいらっしゃいましたら仲良くしてください。(引き続き、FIFA20もやっていますし)

 

以上、カプティーノでした!

 

 

#4 申し訳ございません【FIFA20 監督キャリア最終回】

こんにちは、カプティーノです。

 

昨年11月ぶりの更新となります。

そして監督キャリア日記、最終回にしようと思います。

 

申し訳ないことに、外付けHDDの破損・誤操作消去などで日記用に保存していたデータが消えてしまい、日記を更新することが困難になってました。

 

正直、ブログの自然消滅でもいいかなと思っていたのですが、日記を見に来てくれていた人が予想より多く、僅かですがコメントまでいただいていたりしていましたので、日記の継続を断念することをきちんとご報告しようと思い、更新させていただいた次第です。遅くなってしまいごめんなさい。

 

ちなみに、カプティーノ監督のレバークーゼンですが、実は、2年目まで終了しており、

2年目の結果は、以下の通りでした。

ブンデスリーガ 2位(優勝はドルトムント)、

国内カップ戦 準優勝、

チャンピオンズリーグ 優勝

 

CL制覇できたものの、ブンデスリーガ制覇の夢は達成できませんでした。

 

 

 

最後に、長らく放置してましたブログですが、ブログは閉じず、定期的になにかしらの更新をしていこうと思います。

またこの失敗を糧に、監督キャリア日記のリベンジをするかもしれません。そしたら、また見に来てリアクションしていただけると嬉しいです。

 

とりあえず、見ていただいた方、ありがとうございました。そして、

もしも、万が一、まさかまさか、続きを期待していた方がいらっしゃいましたら、、、

 

すいませんでした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#3 8月後半戦【FIFA20 監督キャリア】

 

こんにちは、カプティーノです。 FIFA20、監督キャリア始めていきたいと思います。

 

初めての方は、まずこちらをご確認ください。

 

capti-no.hatenablog.jp

 

なお、試合の動画ですが、今後は主要の試合のみにしようと思ってます。

ご了承ください。

 

 

 

 

 現状

 

現在、第1節を終えた8/18、第2節と第を3節を控えています。

 

f:id:capTi-no:20191014122328j:plain


第2節、デュッセルドルフ戦前、記者会見を行ったカプティーノ監督、

 

f:id:capTi-no:20191014122842j:plain

 

f:id:capTi-no:20191014122918j:plain

 

昨シーズンはリーグ4位で終えたレバークーゼン

しかしこのチームにはブンデスリーガを勝ち取る力があると、強調しました。

 

 

 

ブンデス第2節】デュッセルドルフ戦(アウェイ)

 

8/24、アウェイ。相手は昨シーズン10位、初戦のブレーメン戦を落としたデュッセルドルフ

ここはぜひとも勝ちたいところ

f:id:capTi-no:20191011162252j:plain

 

 

であったが…2点取られ

f:id:capTi-no:20191011162621j:plain

 

試合終了前ギリギリで取り返す

f:id:capTi-no:20191012202144j:plain

 

で、

f:id:capTi-no:20191012202200j:plain


結果、2-2のドローという結果に。

 

 

 

 

f:id:capTi-no:20191012202827j:plain

 

ハフェルツの2ゴールでなんとかドローに持ち込んだ試合。

試合後、「入りの内容が悪かった。だが、そこから全員がハードワークしてギリギリっで引き分けに持ち込めた。その粘りだけには満足している。」と答えるカプティーノ監督。チームを讃えるも、結果には多少不満があるようでした。

 

 

 

 

ブンデス第3節】ホッフェンハイム戦(ホーム)

8/31、 アウェイでの一戦。対するは、ホッフェンハイム

主力のデミルバイ、アミリをうち(レバークーゼン)に引き抜かれ、若き知将ナーゲルスマンもライプツィヒに。補佐役だったスロイデルを監督にし、新たなスタイルを確立できるのか注目なチーム。

 

ブラントをドルトムントに引き抜かれ、監督も交代した

 

まぁうちと同じ。

 

負けない。

f:id:capTi-no:20191014151014j:plain

 

 

負けるわけにはいかない。

f:id:capTi-no:20191014151723j:plain

 

 

負けるなんてことあってはならな...いってん先取される!!!!

f:id:capTi-no:20191014151702j:plain

 

 

これにはカプティーノ監督もご立腹

f:id:capTi-no:20191014171530j:plain



でもデミルバイからのスルーパス

f:id:capTi-no:20191014171442j:plain

 

 

キャプテン、フォラントが豪快に合わせて同点

f:id:capTi-no:20191014171457j:plain

 

 

そのあとも、何度かゴールを狙うも

f:id:capTi-no:20191014173423j:plain

f:id:capTi-no:20191014173442j:plain

 

 

ホッフェンハイムのGKぺントケに阻まれ、結果はドロー

f:id:capTi-no:20191014173456j:plain

 

 

f:id:capTi-no:20191014174348j:plain

 

二戦連続で先制されドローに終わったレバークーゼン

「改善点があるのは明らか。」と納得いっていないカプティーノ監督。

だいぶ、ご立腹でした。

 

 

【8月31日】移籍市場閉幕

 

3人選手を放出し、5人選手を獲得したレバークーゼン

他にもほしい選手がいると数名を熱望したカプティーノ監督だったが、5人の獲得に6080万ユーロ(約72億5500万円)も費やしており、 これ以上は無理だとCEOストップ。赤字となったレバークーゼン。好成績を残して巨額投資に応えたいところ。応えないとどうなるか、考えるだけでも恐ろしい。」と身を震わすカプティーノ監督であった。

 

なお、うちの主力(特にハフェルツ、ベイリー、ター)にも他クラブから獲得打診の話があったが、今年はいてくれるとのことだったのでお断り。今年「は」…??

そちらも気がかりだ。

 

今後

 

移籍市場も閉じ、9月に入っていくればレバークーゼン

 

f:id:capTi-no:20191014182828j:plain

 

9月にはいきなりアウェイのドルトムント戦。

そして昨シーズン出場権を得てくれていたチャンピオンズリーグが開幕。

 

さて、どうなるのか。

また次回。

 

 

以上、なかなかキャリアモードが進みません。

カプティーノでした。

 

 

 

 

 

※ゲーム画像は、FIFA20© 2019 Electronic Arts Inc.より

   (Needless to say, this site is not affiliated with or sponsored by Electronic Arts Inc. or its licensors.)

 

 

 

 

 

#2 ブンデス開幕【FIFA20 監督キャリア】

 

 こんにちは、カプティーノです。

 

FIFA20、監督キャリア進めていきたいと思います。

 

初めての方は、まずこちらをご確認ください。

 

capti-no.hatenablog.jp

 

 

 

【開幕前】選手獲得

 長身FWのヴァイダント、ボランチのライス、GKのミュラーを獲得した前回に引き続き、選手層を補うために獲得交渉をすることに。

 今回獲得交渉をする一人目の選手は、

 

f:id:capTi-no:20191004134245j:plain

 CM アルネ・マイアー/Arne Maier 

独1部ヘルタベルリン所属 20歳

ドイツ生まれ、U-21代表。

昨季はヘルタベルリンで24試合に出場。ダブルボランチの1角として活躍したようで将来が期待できる選手。こういう若くて有望な選手はカプティーノ監督の好みです。はい。

 

移籍交渉の末、1400万ユーロ(約16億4000万円)で獲得。

 

 

さらにもう1人、

 

f:id:capTi-no:20191004134301j:plain

CB ゲン ショウジ(昌子 源)/Gen Shoji 

仏1部トゥールーズ所属 26歳

兵庫県神戸出身、言わずもがなの日本人。

昨季冬にトゥールーズに移籍し18試合に出場。昨年のロシアW杯でも吉田とコンビを組み、ベスト16に貢献。フィジカル、スピードもあり足元の技術もうまいと思ってる。なによりチームに日本人が欲しいという監督の希望で交渉することに。

 

トゥールーズが交渉を拒否。重要な選手とのこと。

 

1560万ユーロ(18億3000万円)に設定された違約金を払えば交渉可能。高すぎる。

諦めるしかないと誰もが思っていたが、

 

 「いや、獲る!」とカプティーノ監督。

実は生まれも育ちも日本人のカプティーノ監督。W杯のベルギー戦を観ていたとのことで、「彼の敗戦後の姿が忘れられない。彼なら今後もっと成長してくれるはず。そこに期待したい。」と。

 

f:id:capTi-no:20191009120818p:plain

※イメージ図


結局監督が熱望し、違約金1560万ユーロ(18億3000万円)を払い獲得。

 

 

 他にも

・日本人ドリブラー中島翔哉

・驚異的なスピード、フィジカルを持つ怪物アダマトラオレ...など

 

ほしい選手は数名いたが、予算オーバーしてしまったので断念。

ゲンショウジのせ…(以下略)

今夏獲得した選手にはぜひ頑張ってもらいたいところ。

 

 

ブンデス第1節(開幕戦)】バーターボルン戦(ホーム)※ハイライト動画あり

 

8/17、ついについにブンデスリーガ開幕。

相手は今シーズン1部昇格を果たしたバーターボルン。

 

ブンデス制覇を目指すためにここは落とせない。

さて、試合の行方は…

(結果は、ハイライト動画の下にございます。)

 

 

 

 

 

 4-2で勝利。

 キャプテンのフォラント、エースのハフェルツ、新戦力のデルミバイのゴール

と攻撃面ではうまく結果を残す。

 

ただ守備面では2失点。ミスもあり課題を残す結果に。

また、新加入のデクランライスは先発フル出場を果たすも、途中出場のヴァイダントは結果を残すことができず。今後、彼の活躍はあるのか。

 

 

今後

 

なにより、初戦白星と好調なスタートを切ったカプティーノ監督率いるレバークーゼン。このまま白星を重ねていくことができるのか。

 

続きはまた次回。

 

 

 

 以上、デクランライスと聞いて毎回ほっかほかの白米を思い浮かべます

カプティーノでした。

 

 

 

 

※ゲーム画像は、FIFA20© 2019 Electronic Arts Inc.より

   (Needless to say, this site is not affiliated with or sponsored by Electronic Arts Inc. or its licensors.)

 

 

#1 カプティーノ監督就任【FIFA20 監督キャリア】


 


こんにちは、カプティーノです。

FIFA20、監督キャリア始めていきたいと思います。

 

 

 

 

 はじめに

 

ざっくりですが、基本設定です。

【監督名】

カプティー

【出身地】

日本

【使用チーム】

レバークーゼン

【目標】

ブンデス制覇

【ルール(縛り)】

・使用選手は原則固有フェイスな選手のみ

 

 

こんな感じで進めていきます。

 

 

 

【開幕前】カプティーノ監督就任

 

 先日電撃退任したピーターボス監督の後任としてレバークーゼンの新監督にカプティーノ監督が就任した。

 

 10月1日に開かれた就任会見。「サッカーにわかファンである私が急にレバークーゼンの監督になるとは私自身が1番驚いてる。」とカプティーノ監督。

f:id:capTi-no:20191005141804j:plain

※ピーターボスに似せたわけじゃございません

「だがやるからには頂点を目指す。サッカーは何が起こるかわからない。12-13のシャフタール、15-16シーズンのレスターのようにブンデスリーガレバークーゼン旋風を起こせるようチーム全員で頑張っていきたい。」と話しました。

 

 

 

 

…という新聞記事を読みながら微笑む翌日のカプティーノ監督でありました。

f:id:capTi-no:20191005135257j:plain

 

 

 

【開幕前】選手確認・移籍リスト作成

 

まずは、レバークーゼンの選手たちを全体練習で確認。

f:id:capTi-no:20191003211914j:plain

 

特に若く将来が有望な選手たちへの個別指導には熱が入る。

 

f:id:capTi-no:20191005135431j:plain

 

 

キャプテンでエースのフォラント(一番のお気に入り選手)、

f:id:capTi-no:20191003210617j:plain

 

20歳ながらレベルの高いプレーができ、メガクラブも獲得に向け調査していると言われているハベルツ、

f:id:capTi-no:20191003210455j:plain

 

 

身長195cm体重97kgの恵まれた体型を持ち独代表にも呼ばれ続けているパワー系DFのター、

f:id:capTi-no:20191003210709j:plain

 

 

…と味のある選手たちをすぐに気にいる一方。

f:id:capTi-no:20191003210747j:plain

 

「…誰?」とカプティーノ監督。

 

 

実はこの選手、昨年公式戦20試合以上出場した守備的MF、バウムガルトリンガー選手。

「誰であろうが、顔と写真が一致しない選手は好きじゃない。」とこの選手を即放出リストに。

同様の理由で5名も…。

 

逆に獲得したい選手を補強リストに数名挙げた。

(補強選手は移籍交渉の際、紹介します。)

 

 

【開幕前】選手放出

 

モブハラともいうべき放出リストの作成から後日、何人かの放出が決まった。

 

 

【OUT 1人目】

 バウムガルトリンガー

 昨シーズンも主力で頑張ってた31歳の守備的MF。しかし、写真と顔が一致しないという理由でまさかの放出。

 

 フィオレンティーナが名乗りを挙げ、

 移籍金880万ユーロ(約10億3000万円)で移籍していきました。

 

 カプティーノ監督「意外と高く売れたな。」

 

 

【OUT 2人目】

  エースジャン

 元オーストリア代表の35歳ベテランGK。写真と顔が一致しないという理由で放出。

 

 移籍金190万ユーロ(約2億2000万円)でヘンクへ。

 

 カプティーノ監督「ヘンクではエースじゃん?」

 

【OUT 3人目】

 ヨエル・ポヒャンパロ

 フィンランド代表、25歳のストライカー。

 以下同文。

 

 458万ユーロ(約5億4000万円)サンプドリアに。

 

 カプティーノ監督 「…(特に何も思いつかない)」

 

 

【開幕前】選手獲得

 続いて獲得交渉をすることに。最重要の補強ポイントは2点、

 

1、3人目のST(できれば高身長)

2、守備的MFの補強(バウムガルトリンガー放出で現状いないんじゃないか説) 

 

 

さて、獲得交渉をする一人目の選手は、

 

f:id:capTi-no:20191004015229j:plain

 

ST ヘンドリク・ヴァイダント/Hendrik Weydandt 

独2部/ハノーファー所属 23歳

ドイツ生まれ、身長が195㎝もある長身FW。

昨季ブンデスデビューを果たし、28試合(うち先発18試合)で6ゴール。チームは降格してしまう。しかし、「長身ながら左右両足使えるあたり、覚醒すれば非常におもしろい選手。」とカプティーノ監督。

 

移籍交渉の末、290万ユーロ(約3億4000万円)で獲得。

 

 

獲得交渉をする二人目の選手、

 

f:id:capTi-no:20191004015439j:plain

 

CDM デクラン・ライス/ Declan Rice

英1部/ウェストハム所属 20歳
ロンドン生まれ、守備対応とボール奪取後の正確なパス供給にセンスを感じる守備的MF。バウムガルトリンガーの放出でチームに守備的MFがいないため即戦力として欲しい選手。

 

移籍交渉はマインツと競った末、1800万ユーロ(約21億円)で獲得。

 (ちなみにリアルだとマンUがこの選手獲得のために約73億円用意していたという噂も。そう考えたら安くいい選手が獲れた。そう考えたら…)

 

 
獲得交渉をする三人目の選手、

f:id:capTi-no:20191003231336j:plain

 

GK フロリアンミュラー/ Florian Muller

独1部/マインツ所属 21歳

ドイツ生まれ、U-21代表。

計算できるGKがチーム内にはフラデツキーしかおらず、GKといえばドイツの選手、という好みの問題で監督が熱望。マインツでも昨年は正GKとして活躍。ここ最近リアルな試合で足元に不安を残す正GKフラデツキーとポジション争いをしてほしいところ。

 

移籍交渉の結果、1030万ユーロ(約12億円)で獲得。

結構高額だったから、ほんと頑張って。

 

 

今後    

放出した分、選手を獲得していっているカプティーノ監督。

が、そもそもレバークーゼンは選手層がかなり薄い。

プレミアリーグのチームは30人くらい所属しているが、レバークーゼンは20人弱)

 

出だしから選手の獲得に36億円という大金を使ったが、果たしてレバークーゼンは大丈夫なのか。そして、迎えるリーグ開幕戦の行方は。

 

また次回。

 

以上、今回でブログの大変さを思い知った

カプティーノでした。

 

 

※ゲーム画像は、FIFA20© 2019 Electronic Arts Inc.より

   (Needless to say, this site is not affiliated with or sponsored by Electronic Arts Inc. or its licensors.)

 

 

 

ブログ開設してみました

どうも、カプティーノと申します。

 

この度、ブログを開設しました。

 

FIFA20のキャリアモードの日記をつけるためです。

不慣れなことばかりですが、できるだけ雰囲気を出せるようがんばります。

 

気分屋な性分、モチベーションが下がって急に辞めたり、別のテーマにも触れ出したりするかもですが、暇つぶしがてら気楽に楽しんでいただけたらと思います。

 

 

よろしくお願いいたします。

 

以上、はじめましての

カプティーノでした。