カプティーノの日記

FIFA21のプレイ日記です。

【FIFA21 レバークーゼンFUT】FUTはじめました。~チーム選手紹介~

こんにちは。カプティーノです。

 

----------------------------------------------------------

前置きとなりますが、

実は、先日投稿したブログ記事がすごいアクセス数を記録しています。

 

capti-no.hatenablog.jp

 

 だいぶ驚いてます(笑)

ご覧になっていただいただけでうれしいですが、コメントをくれた方や記事中の誤植を指摘していただいた方までいらっしゃいました。

 

リアクションがあることって有り難いんです。

本当にうれしかったです。ありがとうございました。

----------------------------------------------------------

 

 

さて今回、FIFA21の大人気モード「FUTモード」を久しぶりにをプレイし始めました。

 

※「FUTモード」とは、ゲーム内のコインを使って選手のカードを集めて、自分だけの夢のチームを編成し、試合をしていくモードです。

 

そのモードで使うチームを、自分なりに個性的なチームに仕上げたので、今回は私のチームをご紹介したいと思います。

 

だいぶ長いですがよかったら見てってください!

 

 

自分なりのチームコンセプトを考えた

 

まずは、どういうチームを作るか。

 

昔からそうですが、自分だけのチームをつくるモードをプレイする際は、私なりにいくつかポリシーのようなものがあります。

 

それはこちら。

 

①超スター級の選手は使わない

私は、メッシやロナウドといった超スター級の選手は好んで使いません。

なぜか。

 

・他の人と被るんです。

・買えないんです。(スター選手は大量のコインが必要です。)

・「勝って当たり前」より「ジャイアントキリング」にロマンを感じるんです。

 

せっかくやるなら、なるべく他の人と被らないようなチームで、ジャイキリを狙うチームが作りたい。なので、ゲーム内で強いとされている選手は、あまりチームに入れません。

 

 

②固有フェイスがある選手を使う

例えば、

ゴールしました ⇒ 顔アップの画 ⇒ だれやねーん!!!

これを避けたいんです。(笑)

 

ビジュアルにもこだわります。

なので、リアルな顔がゲーム内で再現してある選手たちを使います。

 

もちろん、ゲーム内の仕様を加味したチームづくりをしている部分はありますが、なるべくこれらのこだわりは重視していきます。

 

 

できたチームがこちら!!!

 

 ウザいようなこだわりでできたチームはこちらです!!!

 

f:id:capTi-no:20201109211626j:image

 

名付けて、「レバークーゼン連合軍」!!!

レバークーゼンにゆかりのある選手(在籍している or 在籍歴ありの選手)だけのチームを作りました!!!

 

個人的にすごく個性的なチームができたと満足しています。

 

戦術(フォーメーション)

 

簡単に紹介しますが、試合で使うフォーメーションはこちら。

 

 

f:id:capTi-no:20201109211939j:image

 

個人的に攻撃時3バック、守備時に5バック(一人プレスに行っても後ろに4枚残ってる)形が好きなので、3-4-2-1に設定しています。

 

 

選手紹介

 

簡単に選手を紹介したいと思います!

 

スタメン

FW ケビン・フォラント

 

Embed from Getty Images

 

私の好きな選手NO.1です。今年夏、ASモナコに移籍してしまいました。

何が好きか。かっこいいんです(笑)

リアルでも前線のいろんなところに顔を出し、攻撃に絡んでいきます。(決定機にミスしてしまうイメージもちょっと…)

 

前線ならいろんなポジションができる選手ですが、最前線の中央から動き回って得点に絡んでほしいということで、最前線に配置しました。

 

また、彼は、11/1の試合で2ゴールを挙げてTOTW(週間優秀選手)に選ばれたので、能力がブーストされた特殊カードを使用しています。

 

FW カイ・ハヴァーツ

 

Embed from Getty Images

 

今年、約100億円の移籍金でチェルシーに移籍した21歳。この選手とフォラントと、ここ2シーズンくらいレバークーゼンの得点源でした。

高身長ながら、足元の技術が素晴らしく、ボールを巧みに捌き決定的な仕事をこなします。

 

レバークーゼン在籍時は右サイドをやっていって、中央寄りにプレーするのが得意だったので、右の2列目に配置しました。

 

FW ユリアン・ブラント

 

Embed from Getty Images

 

2014年から2019年夏までレバークーゼンの10番を背負っていた選手。現在はレバークーゼンと同じリーグ、強豪ドルトムントに所属しています。

プレイメーカーとして素晴らしいものを持っていますが、なんといってもカイ・ハヴァーツと仲がいい仲がいい。18-19シーズンは、彼らの連携で多くのゴールを生み出したイメージがあります。

 

18-19シーズン時も、ハヴァーツRW、ブラントは1列下がった左のCMでプレーしていたイメージが強いので、2列目ではありますが左に配置しています。

 

MF レオン・ベイリー

 

Embed from Getty Images

 

現在もレバークーゼンに所属している快速アタッカー。

過去3シーズンほどにわたり、フォラント、ハヴァーツと3トップを組み攻撃をけん引してきました。(昨シーズンはディアビの控えに回ることも多かったですが)

 

彼は、驚異的なスピードと巧みな足技で相手を翻弄していくタイプで、得点力もあります。

 

チームでは左サイドを任されることが多い彼ですが、左利きなのと、ハヴァーツがブレイクする前にやってた右サイドのほうが気持ち、プレーしやすそうな感じでしたので、右の大外に配置しました。

 

MF カリム・ベララビ

 

Embed from Getty Images

 

長きにわたりレバークーゼンで活躍している快速ベテランアタッカー。

ベテランながら、スピードや積極性は衰えず、スピードに乗った大胆なドリブル突破を試みたりして、よくも悪くもまるで若手選手のようなプレーを披露します。

 

長きにわたり右サイドを基本ポジションとしてプレーする彼ですが、ベイリーを右に配置したい&右利き&左サイドでもごくまれにプレーするので、彼は左に配置しました。

 

また、彼はRule Breakersというイベントで能力がブーストされたカードが登場したので、その特殊カードを使用しています。

 

 

MF ラース・ベンダー

 

Embed from Getty Images

 

2009年に加入し、その後ずっとレバークーゼンを支えているチームの柱。

守備面での貢献度もさながら、彼の正確なパスから攻撃のスイッチが入ることも多い。ただ、怪我での欠場も多い。2015年より務めてたキャプテンのポジションを返上。「主将は定期的にピッチに立たなければならない。1選手として体調管理をしっかりしたい」とのこと。

 

現在、チームでは主に右サイドバックとしてプレーしているが、チームの中心でゲームを攻守に支えてほしいので、守備的なセントラルミッドフィルダーの1角として起用します。

 

 

MF エムレ・ジャン

 

Embed from Getty Images

 

現在は、ドルトムントで中盤の守備的なポジションを担っている彼。

彼も1シーズンですが、13-14シーズンに在籍していた選手。

対人プレーにめっぽう強く、守備での貢献度だけでなく、後方からの推進力もあるので攻撃のギアも あげられる選手。

 

攻撃的な選手が多いチームの中で、ラース・ベンダーと共に守備的なバランサーとして頑張ってもらいます。

 

DF スヴェン・ベンダー

 

Embed from Getty Images

 

2017年にドルトムントより加入した選手。

双子の兄、ラース・ベンダーと見分けがつかないほどそっくり。ドルトムントではボランチとして活躍したが、現在はセンターバックとしてプレー。攻撃的なチームの底で守備を支えている存在。

 

この選手には守備のリーダーとして3バックの右で、頑張ってもらいます。

 

DF ヨナタン・ター

 

Embed from Getty Images

 

2015年からレバークーゼンに在籍し活躍しているセンターバックの24歳。

高身長というか、巨漢(身長192㎝、体重92㎏)の体を活かたフィジカルで相手に競り勝っていく。ここ最近は反応の遅れで後手に回ることもあり、ドイツ代表にも呼ばれるほどの逸材でありがなら、昨シーズンは新加入のタプソバにポジションを奪われ、ベンチを温めることもしばしば。

 

パワーは申し分ないので、3バックの中央でどっしりと構えてもらいたいと思います。

 

DF ヴェンデウ

 

Embed from Getty Images

 

2014年からチームの左サイドバックとしてプレーしているブラジル人選手。

彼もここ最近

 

本来は、左サイドバックの選手ですが、RBライプツィヒのクロスターマンら同様、3バックの脇にスピードのある守備的な選手を配置したいので、彼を3バックの左にコンバートし起用しています。(高さがないのが不安ではありますが)

 

GK ルーカス・フラデツキー

 

Embed from Getty Images

 

2018年、フランクフルトより移籍してきたフィンランド出身の選手。

反射神経がすさまじく、リアルでも相手の決定機を何度も潰してきた。試合中、SNS上で「神」と言われることも多い。

 

リアルと同様、驚かされるようなビックセーブでピンチを救ってくれることを期待。

 

また、彼は、11月にTOTW(週間優秀選手)に選ばれたので、能力がブーストされた特殊カードを使用しています。

 

 サブ(ベンチメンバー)

 

ざっくり紹介します。

 

GK ベルント・レノ(2012-2018在籍、現アーセナル所属)

 

Embed from Getty Images

 

DF  ベンヤミン・ヘンリヒス(2015-2018在籍、現RBライプツィヒ所属)

 

Embed from Getty Images

 

DF ダニー・ダ・コスタ(2016-2017在籍、現フランクフルト所属)

 

Embed from Getty Images

 

MF ドミニク・コール(2012-2015、2017-2019在籍 現フランクフルト所属)


Embed from Getty Images
 

 

MF チャルレス・アランギス(2015より所属 現キャプテン)

 

Embed from Getty Images

 

MF ケビン・カンプル(2015-2017在籍、現RBライプツィヒ所属)

 

Embed from Getty Images

 

FW ハビエル・エルナンデス(2015-2017在籍、現ロサンゼルス・ギャラクシー所属)

 

Embed from Getty Images

 

 

 ※チームにはベンチ外メンバーもいますが、今回は割愛します。

 

 

 

最後に

 

以上が、現時点での私の使用チームの紹介です。

 

これから、いろんな特殊カードなどが登場してくると思いますが、レバークーゼンにゆかりのある選手たちというチームスタンスはできる限り崩さずに楽しんでいこうと思ってます!

 

今は下手で負けてばかりだけど、いずれ勝てるようになれればなー(遠目)

 

 

もちろん、メッシ、ロナウドらの競演とかいうリアルではありえないドリームチームをつくるのも楽しみ方の一つだと思います。でも、ちょっと志向を変えて、他にはないオリジナリティあふれるマイチームをつくってみるのもおもしろいと思うので、自分ならではのチームをつくって楽しんでみてください!!!

 

 

また、同じ志向な方、ブンデスリーガファンの方はニワカですがどうぞ仲良くしてください。

 

 

以上、カプティーノでした。

 

 

おまけ

 

FUTモードでは、自分が使用するチームの

スタジアム・ユニフォーム・バッチ等 もカスタマイズできます。

 

私は、「レバークーゼン連合軍」ということで、もちろんレバークーゼンのものを使用しています!!!

 

懐かしのメンバーたちがレバークーゼンのユニフォーム着ているのが見れるのもなかなかうれしいものですよ。

 

f:id:capTi-no:20201110124851j:image


f:id:capTi-no:20201110124759j:image

 

f:id:capTi-no:20201110125125j:image

 

f:id:capTi-no:20201110124845j:image


f:id:capTi-no:20201110124840j:image

 

 

 

※ゲーム画像は、FIFA21 © 2020 Electronic Arts Inc.より

   (Needless to say, this site is not affiliated with or sponsored by Electronic Arts Inc. or its licensors.)